Top >  薬剤士(やくざいし)とは? >  薬剤士(やくざいし)とは?

薬剤士(やくざいし)とは?

薬剤士(やくざいし、Pharmacist、Chemist)とは

主に薬剤の取り扱い、薬事業務を司る医療従事者であり、化学者でもある


薬局や病院に勤め、医師の処方箋に従って薬を調剤します


ほかにも、血液センターや製薬会社や大学

バイオビジネス等の研究所などで働く薬剤士もいます


一般に薬剤士としての「Pharmacist」という名称は

米国等で用いられ、英国、オーストラリア、ニュージーランドでは

伝統的に薬剤士は「Chemist」と称されます


高等教育機関の修了を必須要件とする職業としては

自然科学系であるにもかかわらず伝統的に女子が多いです


日本において、薬剤士は1940年代以前から

女性が進出可能な職域であったためと言われています


就職先としては行政、病院、薬局、製薬会社、

化学環境系企業、研究所など多方面にわたります


また、国や地方自治体の職員として

「産業廃棄物処理施設」や「事業の許認可」

「土壌・水質検査」「薬品検査」「有毒物質検査」などを行う人もいます

大規模なチェーン店薬局が増えたこともあり、

現在でも薬剤士は不足しています


さらにその地位の重要度が増すにしたがって

バイオ技術などを含む新しい薬剤の知識や

医師との連携など、薬剤士の能力と知識が今まで以上に問われています


それでは、これ以降はもう少し詳しく薬剤士の事について

説明していきます


【このサイトへ来られた方へぜひ見てもらいたい情報ページです】


■日本にはどのくらいの薬剤士がいるの?


■薬剤士の給料はどのくらい?


■どうやったら薬剤士になれるの?


■では実際に求人募集先を探してみましょう!


しっかり情報を蓄えてぜひ、あなたの夢を実現して下さいね

陰ながらこのサイトはあなたを応援しています^^


-----------------------------------------------------------------------------------


■日本にはどのくらいの薬剤士がいるの?


全国の薬剤士の人数は約23万人です


就職先で分けてみると


「薬局」 10万6892人(46.5%)

「病院・診療所」 4万7536人(20.7%)

「医薬品関係企業」 4万5543人(19.8%)

「大学」 7076人(3.1%)

「衛生行政機関又は保健衛生施設」 5673人(2.5%)


となっています

このうち薬局・医療施設に従事する薬剤士

男女比は32.8対67.2です

女性が多い職業です


「医師・歯科医師・薬剤士調査」厚生労働省


■薬剤士の給料はどのくらい?


さて、気になる給料ですが、民間企業で働く薬剤士

平均月収は34万9600円、推定平均年収は515万円です


調剤薬局の場合で  年収500万円

ドラッグストアの場合で  年収560万円

病院の場合で  470万円

地方薬局は人材不足もあって600万円を超えるそうです


また、勤務先、経験年数、給料体系、雇用形態などにより大きく異なります

日本薬剤士会


■どうやったら薬剤士になれるの?


薬剤士になるためには、薬学系大学や大学の薬学部を卒業して

薬剤士国家試験に合格しなければいけません


また、2006年度から大学の薬学部はこれまでの

4年制から6年制に移行しています


薬剤士になるために、

まずこういった大学の情報をいくつか取り寄せて

勉強する必要があります


では、その情報の取り寄せ方ですが

リクルート進学ネット』を利用します


@サイトに入ったら、左真ん中の「将来の仕事を調べる」をクリックします

A次に、左下の青文字の「」をクリックします

B次に、「薬剤師」をクリックして「所在地」を選んで検索ボタンでOKです

※気になる学校があったら「まとめてリスト」ボタンを押してキープしましょう


この段階は、あくまで資料集め(情報収集)なので

希望地域以外も資料請求していいと思いますよ


行きたい学校が必ず見つかるはずです!!


学校が決まって、無事入学出来れば、ほぼ間違いなく薬剤士になれます

つまり、学校さえ見つかれば、80%は夢が実現したも同然です!!


頑張ってくださいね!!

         

薬剤士(やくざいし)とは?

関連エントリー

薬剤士(やくざいし)とは?